img_02

オフィスレイアウトで変化する社風

オフィスレイアウトを変更するだけで会社の風通しや社風、社員間のコミュニケーションの量や質が大幅に変化することがあります。


そもそも働く場であるオフィスにはデスクや椅子、パソコンが並んでおり、仕事に必要なツールさえ揃っていれば問題ないというわけにはいきません。仕事をするのは人であり、会社はそんな人の集合体であるために、働きやすい環境をつくる必要があります。

また、働きやすいだけではなく、業務が円滑に進むこともそうですが業績を拡大させるように工夫をしなければなりません。



例えばデスクとデスクの間に仕切りを入れるだけで仕事に集中できるようになり、個々の仕事量や質は上がるかもしれませんが、社員間のコミュニケーションは減ってしまうかもしれません。

Youtubeを詳しく調べるなら便利なサイトです。

社員間のコミュニケーションを重視する会社であればこのようなオフィスレイアウトは弊害でしかありませんので、仕切りは無用になります。

コミュニケーションを活発にさせたいのであれば、社員たちが気軽に集まることができるフリースペースを設置することで効果を上げることがあります。このようにオフィスレイアウトは社風によっても異なってきますし、社内環境を変えたいという場合でも効果を発揮するのです。
それぞれ会社に所属する人や業務内容によって最適なオフィスレイアウトは異なりますし、社内の雰囲気をどう変化させたいかによっても変わってきます。

そのためにオフィスレイアウトを変更する際には社内環境をよくよく吟味した上で決定する必要があるのです。