セスナ機をチャーターするとどれ位かかるのか

subpage1

セスナ機をチャーターして海外へ旅行なんて夢のまた夢のような気がしますが、いったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか。


そもそも航空会社であっても運送業の一業種なので、所定の手続きさえ取って受理されれば個人でセスナ機をチャーターする事だって可能です。


自分で航空機を運転する資格を持っていたとしても、機体だけをチャーターする事は出来ないので、機体のレンタルとパイロットの人件費が必要で、後は目的地と滞在期間などの旅行計画が立てば航空会社に依頼してトータルの費用を計算してもらうだけです。

セスナ機のチャーターに対して関心度が高まっています。

ただ、これらの費用以外にも空港使用料や離着陸料、待機料などがかかってきますが、これは依頼する航空会社によってまちまちになります。それでは具体的にどれくらいの費用が必要かというと、小型のセスナ機をチャーターした場合、搭乗人数や飛行条件によって多少の違いはありますが、1泊2日の宮古島往復で600万ちょっとかかります。

同じように富裕層が宿泊付きの利用で350万円位なので、平均して1日300〜400万円前後必要になってきます。



比較的近い場所であればセスナではなくヘリコプターをチャーターするといった方法もあります。ヘリコプターの種類にもよりますが、一番安い機種で1時間8万円位の料金で利用できます。


ただヘリコプターは天候に左右されやすいので旅行の計画自体がダメになる事があったり、あまり長距離の移動には適さないといったデメリットがあります。