ドクターヘリに搭乗する職業の年収とは

subpage1

ドクターヘリとは災害が起きたり事故が起きた現場、急病人が発生した場所に医師やナースをヘリコプターで運び到着してすぐに医療行為を行うためのシステムです。

話題になっているドクターヘリの年収情報を調べるならこのサイトです。

ドクターヘリに搭乗するのはフライトドクター、フライトナース、そしてドクターヘリを操縦する操縦士です。命を預かる大事な職業ですが、フライトドクター、フライトナース、操縦士の年収はどのくらいなのでしょうか。



フライトドクターの給与は基本的に勤務する病院で定められた給与形態で支払われます。



フライトドクターは救急専門医と兼務しており、この救急専門医の年収の相場は1000万円から1400万円ほどとなります。
そして、ヘリコプターの登場回数によって手当も出るため、救急専門医の年収に手当がプラスされる形となります。


フライトナースの場合も同様に搭乗回数によって手当が支給されます。

通常のナースの年収の相場は400万円から500万円程度なのでここに手当がつくことになります。そのためフライトナースによる給与と考えるよりもナースとしての勤続年数や役職によって金額が変わってくると考えると良いでしょう。


最後にドクターヘリの操縦士の年収ですが、800万円から1000万円ほどが相場となっています。


他のパイロットに比べて金額的には少し低めとなっているようです。


また、多くの操縦士の場合50代とベテランの人が多いため和解操縦士の場合はもう少し金額が少なくなると考えたほうが良さそうです。